Columnコラム

ドリーミンジェラートが出来るまで 〜目指せ!SNS映え!〜

2018.02.02

ぷにぷに感触系玩具の調査をしたところ、食品に関するものが多いことに気付きました。
しかし、食品は割とオーソドックスな物が多く見受けられ、飽和状態にあります。

今この路線で新商品を出したところで、子供達の心を打つことは出来ないのではないかと考えました。
なぜなら子供達は大変正直で、新しいもの、魅力的な物にしか興味を示さないからです。

そこで私たちが目をつけたのはSNSです。
その影響でフォトジェニックという言葉も耳にする機会が増えました。

SNSでの閲覧数や評価を上げる為にフォトジェニックなスイーツを写真に取り上げる需要が増え、
供給側もそれに応えるように、見た目が美しいスイーツを次々と打ち出していきました。

この一連の流れは大変興味深く、もしかしてぷにぷに感触系玩具とフォトジェニックとを掛け合わせられるのでは、と思いました。
今が旬のスイーツを具現化したら子供達の心を捉えることができるのではないかと。

フォトジェニックスイーツにおいて昨今では韓国が最前線に立っていることがわかりました。
それもそのはず、韓国スイーツは色彩豊かで、造形力も高かったのです。

1番に目についたのがジェラートです。
韓国の若い女性が極彩色なトッピングがついたジェラートを持っている画像をSNSに多数投稿しているのを見て興味を惹かれました。

これは、日本の女の子も好きだろう、いける!これは立体向きだ!と思い、企画しました。

3Dデータの作成で今回一番苦労した点は、ジェラートの質感や形の調整です。
何度も形を調整し、全体のバランスを確認しました。

ぱっと見て「おいしそう!」と感じてもらえるかが、こだわったポイントです。
トッピングは香川菓子おいり、人気のユニコーンモチーフ、そしてハートマシュマロの3種類展開です。

どうか、手に取った方々の心を揺さぶることが出来たなら‥これ以上に幸せなことはありません。

ページトップへ