Columnコラム

総合スポーツメーカー『ゼット』×3Dデータ制作プロ集団『ケイズデザインラボ』×SO-TA 「カプセルトイでなんか作りましょう」軽いノリから始まった!!

2018.03.29

2020年に創業100年を迎えるゼット。

小、中学と野球をやっていた筆者には小さい頃から非常に馴染み深い野球用品メーカー。当時グローブもバットもゼットでした。

 

ある日、我社の3Dソフトのサポートをしていただいている『ケイズデザインラボ』の方から連絡がありました。

彼らも私と同世代で野球大好き、「ゼットさんとなにかコラボして商品作れないかな」とすごくぼんやりとした話だったのですが、

「とにかく少年時代にぼろぼろになるまで使っていた野球用品を作っていた会社の商品が作れる!」3人のおじさんの雑談はひたすら盛り上がりました。

 

ゼットと言えば私たちのイメージはやはり金属バット!!

歴代の名だたる高校球児たちが使用した金属バットを忠実にミニチュアで再現する事で方向性が決まりました。

 80年代当初からゼットでバット開発に携わっておられたT氏に全ての監修を依頼しました。

全6種あるバットはまずそれぞれを3Dスキャンしました。強度や見栄えを考えながらある程度デフォルメをかけ、3Dプリンタでプリントアウト。監修してもらいまたサイズや太さ調整を行うこと数回。


形が決まったら次は印刷データです。

様々な当時のロゴマークから、間違いなくミニチュアで印刷したらつぶれるであろう注意表記文字も全て出来るだけ忠実にデータを作成しました。

デコレーションマスター(形・塗装の見本となる手作りの試作品)が上がってきた時の感動は今でもはっきり覚えています。「これこれこれ!!」って。 


一番苦労したのは調色です。

今回の金属バットはほとんどが金色なのですが、全ての金色が微妙に違うんです。見る光の環境や角度によって違う色味にも見えてしまうため、工場への色指定も簡単にはいきません。全てデコレーションマスターを元に再現しましたが監修者に納得していただくまで何度も何度もデコレーションマスターの色調整を行いました。
 

気づけば企画立案から1年が過ぎようとしていました。

エンドユーザー様が喜ぶ商品ができたのか発売直前で不安もありますが、少なくとも立案の3人のおじさんと監修していただいたTさんの心は子供の頃のように揺さぶられました。

 

2018/3/28 

文:安藤(代表)

2018年4月発売
商品名     : 硬式野球用金属製バット ゼットパワー伝説
種類数     : 6種
商品サイズ   : 約10cm(組み立て時)
カプセルサイズ : 6.5cm
価格      : 300円(税込)

商品ページ

版権元 : ゼット株式会社 http://zett-baseball.jp

3Dデータ作成協力 : 株式会社ケイズデザインラボ http://www.ksdl.co.jp

ページトップへ