Columnコラム

バブルフォトコン結果発表!

2018.10.30

この度は、たくさんのご応募ありがとうございました!

大変魅力的な写真ばかりで迷いに迷いましたが、

決死の覚悟で選び抜きました!

では順番に発表します!

 

コンテナ賞5名 バブルウィーゴアクリルキーホルダー

sweecha+Gさん

コンテナを長テーブルに見立てた活用法が新鮮でした!

プラモデルのパッケージを組み立てる作業は想像を絶してしまいます!

またウィーゴが我先に、と賑わっている様子がとても可愛らしかったです♪

サイドのバブルはどんな声かけをするのでしょう。

ゆた☆コーヒーマイスターさん

製作過程をTwitter上で拝見し、社内が沸き立ちました。

分割からの接着、そしてカラーリング!

そしてまさかコンテナがスマホスタンドになるとは!

誰が想像したでしょうか。感嘆の声が上がったのは言うまでもありません。

⅁Ⓟさん

シンプルでありながらも大胆な構図に思わずため息が漏れました。

写真技術と美意識がうかがえます。

このバブルウィーゴは何を思うのでしょう。

受け手によって様々な感情が錯綜する写真だと思いました。

亜沙さん

すっかり溶け込んでいたので凝視してしまいました。

あのカラフルなバブルがこんなクールなカラーリングになるなんて!

御影石さながらのカモフラージュが斬新ですね!

このバブルならどんな場所でも生き抜けるでしょう。

まお@まをさん

この先のバブルを想像すると寒気がします。

取り込まれるのでしょうか。それともこのまま‥

恐怖心と想像力が掻き立てられました。

バブルの身の危険を案じてしまいます。

 

______________________________________________________________

バブル賞3名 バブルウィーゴデザイン500mlタンブラー

あゆスケ@行くぜ9MC!さん

コンテナをお二人の記念の指輪のリングケースにしていただき光栄です!

2体のバブルはお二人を表しているのでしょうか。

対になっている姿から幸せな様子が垣間見られます。

素敵な活用法に女性スタッフはうっとりしておりました。

カニおみそさん

文字通りどんぐりの背比べがバブルの醸し出す雰囲気にぴったりですね。

頭のどんぐりの傘がまたニクい!

秋の訪れを感じてほっこりしました。

2体の関係性も気になります。童心に返りたくなりました。

planktonさん

バブルに翻弄されているウィーゴが面白いですね。

コンテナの向きを回転させたのは驚きです!

奥行き、バブルの配置に計算され尽くされた構図だと思いました。

手前のバブルを仕留めるのはなかなか骨が折れそうですね!

 

______________________________________________________________

そして、栄えある上位賞を発表いたします!

準グランプリ バブルウィーゴプリントクッション&小林和史さんイラスト入りサイン

ハスキーさん

空間の使い方が見事でフォトジェニックですね!

このバブルでどこまで旅ができるのでしょう。

夢が広がるファンタジーな1枚だと思いました。

Good luck!

グランプリ バブルウィーゴダイカットボディバッグ&小林和史さんイラスト入りサイン

たこぐらふさん

もはやぐうの音も出ません。圧巻です!

ストーリー性が感じられ、社内で圧倒的な票を集めました。

コンテナというモチーフが海辺にぴったりで心を揺さぶられました。

こんな空中輸送だったら素敵ですね。

 

 

以上、総勢10名の方、おめでとうございます!

______________________________________________________________

皆様のご協力のもと、このようなフォトコンテストを開催することができました。

この場を借りて感謝申し上げます。ありがとうございました!

弊社としては小林さんの作り出すウィーゴワールドに彩りを添えられたこと、

ウィーゴファンに受け入れて頂いたことを非常に嬉しく思います。

これからもバブルウィーゴINコンテナをよろしくお願いいたします!

 

<第1回> 原チャリ伝説第2弾 1/32 SUZUKI Hi 製作裏話

2018.08.08

 

1985年発売 SUZUKI Hi。
実車をご存知ない方もいらっしゃると思います。

なぜ、いまHiなのか?

製品化に関わった人間は年齢も性別も様々。
それぞれの視点からの話を聞いてみました。

  第1回  企画提案者

  第2回  採寸・3D設計データ担当

  第3回  広報担当

 

まずは第1回、企画提案者からのコメントです。


 企画提案者 より —————

DJ-1Rの発売からはや1
毎月様々なカテゴリの企画を並行して進めていく中
なかなか第2弾の発売できず時間が過ぎて行きました
早く80年代シリーズを出したい!!
ただ着々と準備だけは第1弾発売後
進行していました

DJ-1RTwitterに上がって来るコメントで一番多かったのが
SUZUKI HiもしくはHi-Rを作ってほしい』との要望でした

Twitter上で、僕たち40代半ばのオヤジの間で
論争となっていたのが
【当時どの原チャリが一番早かったか】
そこで一番上がっていたのがSUZUKIHiシリーズでした
僕の友達の間ではDJシリーズが流行っていたので
僕が当時の狭い知識ではDJ-1Rが一番速いと思っていましたが
やっぱり加速は「Hi-R」だと酒の席で友達が
熱く熱く語っていました

今回も価格300円という規制の中で当時を思い出しながら
満足できるクオリティを注ぎ込んだつもりです
また当時を知らない若いスタッフも多く生産に関わっており
丹精込めて作ってくれた事に感謝です

このミニチュアを酒の肴にオヤジたちがバイク談議に
花を咲かせてもらえればこの上ない幸せです

———————————————————

同年代の方には、きっと共感していただけるはず!

さてさて、第2回もお楽しみに。

原チャリ伝説 1/32 SUZUKI Hi
8月下旬発売まで、もう少しお待ちくださいね。

商品ページ

1 2 3
ページトップへ