Columnコラム

原チャリ伝説第2弾 1/32 SUZUKI Hi 製作裏話

2018.08.08

 

1985年発売 SUZUKI Hi。
実車をご存知ない方もいらっしゃると思います。

なぜ、いまHiなのか?
企画提案者からのコメントです。


 企画提案者 より —————

DJ-1Rの発売からはや1
毎月様々なカテゴリの企画を並行して進めていく中
なかなか第2弾の発売できず時間が過ぎて行きました
早く80年代シリーズを出したい!!
ただ着々と準備だけは第1弾発売後
進行していました

DJ-1RTwitterに上がって来るコメントで一番多かったのが
SUZUKI HiもしくはHi-Rを作ってほしい』との要望でした

Twitter上で、僕たち40代半ばのオヤジの間で
論争となっていたのが
【当時どの原チャリが一番早かったか】
そこで一番上がっていたのがSUZUKIHiシリーズでした
僕の友達の間ではDJシリーズが流行っていたので
僕が当時の狭い知識ではDJ-1Rが一番速いと思っていましたが
やっぱり加速は「Hi-R」だと酒の席で友達が
熱く熱く語っていました

今回も価格300円という規制の中で当時を思い出しながら
満足できるクオリティを注ぎ込んだつもりです
また当時を知らない若いスタッフも多く生産に関わっており
丹精込めて作ってくれた事に感謝です

このミニチュアを酒の肴にオヤジたちがバイク談議に
花を咲かせてもらえればこの上ない幸せです

———————————————————

同年代の方には、きっと共感していただけるはず!

原チャリ伝説 1/32 SUZUKI Hi
8月下旬発売まで、もう少しお待ちくださいね。

商品ページ

電脳大工 狛狐 製作裏話(インタビューあり)

2018.05.04

300円カプセルトイズとしては圧倒的なボリュームと
美しいシルエットを誇る、電脳大工 狛狐。

2017年12月の発売時に大好評を博し、すぐに再販が決定しました。

電脳大工さんとの出会いは2017年5月のデザインフェスタ。
初めての打ち合わせでは、静岡のご自宅にお邪魔させていただきました。

テーブルに並んだ狐たちの中で静かに存在感を放っていたのが「狛狐」。
中性的で凛とした佇まいが、私たちの目を引きました。

電脳大工さんから3Dデータをいただき、社内で量産用に調整。
また、3Dプリンタで何種類かのサイズを出力し、
もっとも魅力的なサイズがどれかを、検討しました。


電脳大工さんのTwitter @denno_daikuより

—————————————
ここからは、電脳大工さんにインタビューです!

SO-TA: 初めて工場からのサンプルが上がってきたとき、どう思われましたか?

電脳大工: イメージしていたものよりサイズが大きくびっくりしました。形状的に複雑な部分や細い部分もあり心配していたのですが、問題なく形になっていたので安心しました。分割やパーツの差込口なども丁寧に作っていただき感動しました。

SO-TA: こだわった点を教えてください!

電脳大工: シルエットとカーブを意識したデザインをしているので、背中のラインが綺麗になるように気をつけました。元は大きいサイズだったので、カプセルトイのサイズにするときにバランスをうまく修正し、かっこよく、可愛い感じで飾ってもらえるようにと制作させていただきました。

SO-TA: 今後カプセルトイズでやってみたいものはありますか?

電脳大工: 「丸狐」の柄バリエージョンとか、「挑発招き猫」の猫柄バリエーションとか、 揃えて並べて飾ってもらえるのがカプセルトイズの魅力ですので、その魅力を引き出せる作品でやってみたいですね。

ありがとうございました!
—————————————

電脳大工さんの出会いからちょうど一年たった2018年5月。
5月末から、もう一度店頭に並ぶ予定です。
前回手に入らなかった方も、ぜひまた探してみてください。

狛狐が、手にした皆様の元でかわいがってもらえることを願っています。

商品ページ

事務所移転のお知らせ

2018.04.24

2018年4月 創立10周年を迎え 事務所を移転いたしました

これを機に従業員一同さらに専心努力しご期待にお応えする決意でございます

これからも末永くご愛顧を賜りますよう よろしくお願い申し上げます

株式会社SO-TA

1 2 3 4 5
ページトップへ